FC2ブログ

ギャンブル依存症

カイジとアカギ
今更だが仕事中が一番暇だ。これまでせっせと漫画や本を読んできたけどそれも飽きてきた。
読むべき漫画はいくらでもあるが、単なる一時の熱中であって、どうでもいいことだ。どうでもよくないのはスピリチュアルだが、そっち系の本を読んで魂のレベルアップ的なことになるかというとそうではなくて、単にスピ本を読んでいる間ちょっと安心するだけ、ということに気付いてしまうと、今まで読んだけど半分も理解してないような(しかし大半の内容を忘れた)本を読み返す方が有意義と思われるが、目新しくない本をまた読むのはワクワクしない。従って、する事がない。約5年前から、楽しい事がないことを意識している。
せっせとしてきた仕事に飽きたから閑職に移った。長時間労働は嫌だが、かといって上記のごとく、できた時間の使い道も特になく。
今月は、こうしたどうでもいい文章書きで時間をつぶしているけど、いずれ全部飽きたらどうしよう?また仕事が忙しくなっても困るし(比較的社会貢献度の低い仕事なので、たくさん働いても達成感は小さい。給料は仕事量に関係ないし)、これから20年もこんな仕事するのかよ~、耐えられるかな(やばいかも)といったところ。いや20年は無理だ、15年くらいが限界(あとは趣味的労働でも)。

さて。
ごく一部のプロを除き、FXはギャンブルだ。確実なことが全然ない。その点、株は、長期(十年単位)で”ちゃんと”やれば必ず儲かるので資産形成なんて言われる。(例えば日本株は難しい。バブル後は右肩上がりとは言えない。今現在も回復してきているが、離陸直後は墜落しやすい)
本職があるのにFXなんぞに血道を上げるのは正当ではない(本当に依存症なら仕事せずにそれだけやる)。それで勝ち続けているなら何も言う事はない、仕事の一つであり才能の発揮である。良くてトントンか負けてるのに続けているのはギャンブル依存症である(損失が小さければ趣味の範疇に入る)。1回数十万円単位のやりとり(最近は小心なのでもっと少ない)、負けたら”同じ対象(相場)で”取り返そうとする、やめたいのにやめられない、仕事に影響したり眠りが浅くなったり、なんてのは悪いサインだ(さすがに借金してまでやったり、家族と揉めることはない)。
FXはやっぱりわからない、予想なんてできない。本腰入れてないのもあるだろう。でも、どこまでいってもわからなそうな確信がある。コツコツ取ってもガツンと持ってかれる。絶対に感知できない大きな勢力の急激な動きや、あらゆる情報の総和としてどっちに動くかは、一定のパターンが形成されるやいなや、それが通じなくなる。
ではと、最近CFD(為替ではなく、日経平均や商品の上下に賭ける)にしたけど同様だった。CFDはちょっとわかりやすいけど、それでも理屈なんて通じない。日経平均は必ずしも為替やダウの上下に左右されず、ときに逆に来たりする。

FXもCFDも丁半賭博みたいなもので、上がるか下がるかどっちかに賭けて(買いか売り)、どこかで抜ける(反対売買)とその差が儲けや損になるというだけで、手数料みたいなのは非常に小さいから、期待値はゼロに近いんだけど、それでも負けるのは人間の心理による。すなわち欲や、損失回避(感覚の絶対値でいうと、同じ額を得する幸福感よりも損する不幸感の方が大きい)に引きずられて機械的に判断することができない。ちょっと儲けてすぐ抜け(利食い)ちゃったり、もっと儲けようとして待ってたら元に戻っちゃったり、もしくは失敗したのに諦められない(損切りできない)、こういう事ばかりしているので、感覚的には3回中2回は読みが外れトータルで負ける。なぜ、自分の勘が偶然を超えた確率で外れるのか?!自分の思ったのと逆に賭けたらすげー勝てるんじゃないか、と思ったり。いや無理だ、その時点で、本当に思っているのがどっちか、わからなくなっている。
そういうことには気づいているけど、たまーに、ごくたまに、年数回だろうか、相場の流れが半ば確信的にわかる時があって、その時は高率に当たるんだけど、当たっちゃうと、次のときに確信が弱くてもエントリー(賭け)しちゃって外れる。外れてから、そういやよくわかんないで始めてたなと気付く。
何冊本を読んでも変わらない。本職の、すなわち勝ってる人は自分なりのスタイルがあって、それは他人には真似しづらいみたい。やはり自分で開発した方法でないと、100%信じきれないし。本気なら数か月もシミューションすればいいんだけどその気もなく、現在のように流れがどんどん変わっているときに必勝法はできない。数年続く平常パターンが出来ている時だったら、使えるかもしれない。
いやそれでもPCに張り付いて短時間の売買という方法もあるけど、サラリーマンじゃ無理でしょ。休みの時に半日くらい潰してやる???それで数万儲かっても嬉しくないなぁ。
それでもなぜやるかというと、それは射幸心と義務感だ。射幸心は単なるギャンブル的高揚感。義務感というのは、お金を増やす機会があればそれをすべきである(しないのは機会損失、つまり怠惰であり損である)という信条のようなものか。義務感の対象が労働ならまだマシかもしれないけど(労働至上主義には同意しないからそうとも言えないが)、義務感で賭けをするのはおかしな話だ。しかもお金を増やす機会であると同時に減らす機会でもあり期待値はゼロなんだから、言うまでもなく義務感の対象とすべきではない(FXなどは投資≒労働とは言えない)。尚、こんなんで数万でも損したら大変悔やまれストレスを引きずるが、10万円買ってもほとんど嬉しくない。ほっとするだけ。勝っても負けても生活には全く影響しないので(10万円を勝ち続けることはできないから)、単に取引のストレスだけ確実に受け取っているだけだ。宵越しのポジションがある日に不眠になるのは当然か。

もちろんスピリチュアル的に言えば人間には義務なんてない。全く義務感など持つべきではなく、ただ好きなことをすればいい、それが神の意思(なんという都合の良さ)。そしてFXなどは負けるしプレッシャーから不幸の方が大きい、全く好きなことじゃない。金を増やすことにも意味はないし、それでほんの少しの安心感を得るという終わりのない欲望追及もまた、人生の苦そのもの。

となると、やりたいならやればいい(趣味として)し、もちろん必要なんてないから苦労してやる必要ないでしょ。という当然の結論に至り、消極的にいこうと思う。
スポンサーサイト





コメント

非公開コメント

カウンター(下はオンライン)
カレンダー’
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ+カテゴリー
 
検索フォーム
リンク
プロフィール

らすぷ~ちん

Author:らすぷ~ちん
頑張らない、我慢しない、考えない。

RSSリンクの表示
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>